丹下幸平@窃盗犯108号
 
みなーみBlog
 


Show by New

坪内昭三1947 其の13

前日、公民館に泊まった、眞田は寝床に入って
ランタンの明りの下、小汚い黒いメモ帳を片手に何か熱心にタイプライターを叩いていた。
どこから手に入れたのか、使い古された機械だったが眞田の手付きは慣れている。

となりで、寝ていた坪内の養子の一番小さい子がそれに気づき、丸い眼を、いっぱいに広げて見ていた。

「正助くん、眠んなきゃ駄目だよ」

「うーん」

しかし、正助はその機械が、気になってしょうがないようだ。

「何してるの?」

「君のお父ちゃんに言われて、お仕事だよ。・・・・眠んなきゃ駄目だよ正助くん」

「うーん」

答えた正助は、変わらず丸い眼をランランと広げていたが
しばらくして小さい欠伸を一つすると規則的なタイピング音に
合わせて、コックリコックリ船を漕ぎ始めた。

眞田の作業は、その後、明け方まで続いた。


で、その翌日である。
一晩で陣地が作られた倉庫跡にウェイン少佐が、メガホンで呼びかけていた。
塹壕には、かきあつめられた坪内の息の掛かった男達が50人ちかくいる。

包囲したウェイン少佐の近くには赤十字のマークがついたトラックが来ており。
数名のGIが投石か何かで負傷して手当てを受けていた。

「ミスターツボウチ!これはドウいうことデスカ!」

「見てのとうりじゃい!わしらは、ここから一歩も動かんぞ!」

そう言うと、塹壕から例の九二式から取り外した機関銃がニュッと顔を出した。
佐門がニヤニヤしながら構える。

「そんな事シテ何になりますカ!ツボウチ!無駄でス、ヤメナサイ!」

「それ以上、近づいたら撃つ!」

その銃口を見てギョッとする数人のMP達。
一番近い所まで来ていた二名のGIの足元に、牽制の銃弾が撃ち込まれた。

「ユーハ、ビジネスマンの筈ダ!ツボウチ!これでは戦争だ!」

「ワハハハハ!そうよ!戦争じゃぁ!ビジネスで戦争するのは、おぬしの国の専売特許
じゃろーけど、今回は借用させてもらう!カッカッカッ!」

佐門が、坪内の合図でもう一連射した。
空砲では無い事を知って、MP達はスッカリ青ざめている。

「いいか、佐門さん、絶対、当てるなよ」

「まかしんしゃい」

佐門は、すっかり上機嫌だ

「ミスターツボウチ!コノママデハ私達も強制的な行動を取らねば為らない!オトナシク言う事をキキタマエ!」

「おー結構じゃ!こっちにゃ仲間が50人以上おる!兵糧もあと一ヶ月は十分あるぞ!
あんただって、南方じゃ日本軍陣地にゃホトホト参ったはずじゃ!やるならトコトンやってやる!」

「こんな事は!ジカンの無駄です!ミスターツボウチ!何が目的ですか?」

「あんたに恥を、かかせる!」

「ホワット???」

「わしたちは、あんたの裏切りで明日の無い身の上じゃぁ!言っとくが日本式の篭城はシツコイぞう」

それを言われて、ウェイン少佐は、舌打ちした。
確かにこれは、旨いか不味いかと言えば不味い状態だ、この区域の治安、管理の責任者は
少佐である、実力行使すれば坪内の戦力など、どうという事は無い。
しかし、この程度の事で流血沙汰を、起こせば立場が悪くなるのは自分だ。

しばらくして、増援部隊が、やって来たが少佐は決断が下せずに日がくれてしまった。



Jun.7(Tue)01:51 | Trackback(0) | Comment(0) | 坪内昭三1947 | Admin

坪内昭三1947 其の12

坪内の屋敷は全焼してしまっていた。
庭に残された動かないジープ以外は何も原型を留めていない。

村の消防団が現場を、監視していたので事情を聞くと
幸い、家族と仲間達は無事なようだ、村の公民館にいると言うので
いそいで駆けつけると、焼け出され疲れきった家族がいた。
煤まみれの息子が、坪内と橋本に気づくと駆け寄って来た

「みんなは、大丈夫か?」

「佐門さんと眞田さんが、火傷したけど、後の人は幸い無事だよ」

「なにいい!」


年長の息子の指差した先に、包帯だらけの佐門が、お菊の給仕で
子供達と一緒に炊き出しの握り飯をモリモリ喰っていた。

「親かたぁ、わしの事なら心配せんで下さい」

「心配するわい!?」

他の連中を、慌てて確認した、眞田が一番、深い火傷をしていたが
幸い全治一週間といった所だった。

そうは、言っても全員、満身創痍の状態である。

「昨日、親方が出かけてすぐに、襲われたんや」

「何もかも消し炭になっちゃいました。すいません坪内さん」

布団で横になっている、眞田が、すまなそうに、そんな事を言った。

「アホ、全員無事・・・では無いが、幸い生きとる、今はそれが肝心よ、寝とれ!」

ヤクザ共が総員を繰り出して、寝込みを襲ってきた時タマタマ、屋敷の外の便所に
行っていた佐門が気づいた、人数は20人以上いた、気づいた時には手遅れで火炎瓶が
何本も投げ込まれ、木造の坪内のボロ屋敷は、あっというまに燃えてしまった
慌てて佐門が、全員を救い出したが、眞田を助ける時に落ちてきた梁が背中にぶつかり
大火傷を、おってしまったのである。

それと今、ここには、居ないが、李の方も同様な襲撃にあったらしい、やつら、とことんやる気のようだ。
向こうでは、重症の人間も何人か出たようだ。

「万事休す、畳の下の金もこのとうりだよ坪内」

平田が口惜しそうに、消し炭になった札が入った箱を見せた時。
公民館の玄関に、子分を引き連れ橋本に片目を潰されたヤクザが
嫌な笑いを浮かべて、のこのこ現れた。

「見舞いにきたぜ、坪内、調子はどうだ?」

「てめぇ!ふざけんな!」

橋本が飛び掛ろうとするのを、坪内が制止した

「やめとけ!橋本っさん」

「こんな奴、相手にしては、いけまもはん!橋本どん!」

包帯だらけの佐門が橋本を、押さえ込む。
ヤクザを罵りながらバタバタしている橋本の前で
片目のヤクザは可笑しくてたまらないと言う残酷な表情で、にやけた。

「俺は知らない事さ、なぁ坪内、お前は、相当恨み買ってるもんなぁ」

ヤクザがトボケテ言う。
ウェイン少佐の情報を出し抜いた辺りから用意周到なのを考えれば、今回の襲撃も
根回しを十分した上だろう。ここで、こいつを袋にした所でどうにも為らないに違いない。

「まぁ所沢から、出て行くこったな、味方は誰もいねぇぞ坪内、これからお前が何か
しようと、するたんびに火炎瓶が飛んでくるかも知れないぜ、気を付けるこった」

歯軋りする橋本達だったが、その脅しを聞いて、坪内が突然ゲラゲラ笑い出した。

「これで、終わりと思ったら大間違いじゃぞ、わしゃ商売人じゃ。
あんたらとは違うって所、嫌ってほど見せてやるから、よく見とけ、カッカッカッ!」



Jun.3(Fri)12:51 | Trackback(0) | Comment(0) | 坪内昭三1947 | Admin

坪内昭三1947 其の11

撤収が開始された

あれから2時間程して、李がトラックを連れてきた
黄金地帯に山積みされた、鉄屑を李が用意した2台のトラックに詰め込む
李のグループも含めて10人以上で作業すると
トラックは1時間もしないうちに満杯になり
一旦作業をストップし、親方が話を着けてくるのを待つ事になった

1時間が過ぎ、まだ帰って来ない

2時間過ぎて、日もすっかり暮れたが、クロガネ4起は、それでも帰ってこなかった
李が、痺れを切らして「私もサガシテクルヨ土地」と一言、言って自転車で出かけた。

物の怪が出ても何の不思議も無い所沢の田園地帯である
確かに、時期的に、田植えが終わったばかりで、開いた田畑は、少ないが
それでも札束を積めば、どうにでも為るはずの土地柄だ。

これは、おかしい。

現場に、残った人間が全てそう思っていたが、口には出さなかった

坪内商会が溜め込んだ鉄屑も相当な物だが、李のグループの鉄屑の山も同様、かなりな物だ
一分を争う状態である、時間が無い。

山崎が、イライラしながら足元の、うず高くなったタバコの吸殻を蹴散らしたのをキッカケに
各々が、帰りの遅い坪内の事を話だした

「何やっとるんや?親方?」

「あいつは、立派な守銭奴だ、遊んでるわけじゃあるまい」

「と言う事は、もしや事故など、起こしたんでは、ありもはんか?」

「にしたってやなぁ、平田はんも一緒なんやでぇ連絡が無いのは、かなり変やで」

何かあったのかもしれない、事故なら、現場では無く自宅の電話にでも連絡
があったかも知れない、おかみさんは、動けないし、心配していてもしょうがあるまいと
坪内の自宅に一旦帰る事にした時、自転車で、出かけた李が戻ってきた。

顔色が良くない

「エライコトヨみな・・・」

「????」

憔悴しきった、李が錆びたドラム缶に座ると、訳を知りたい面々が周りを囲んだ。

土地が借りられない、何故か
幾つかの地主をあたったが、土地を貸してくれと言った途端に
門前払いを喰った、朝鮮移民の李が当たれる地主は、けして多くは無い
ゆえに、その殆どが、坪内が交渉した後らしかった

「こうなったら、無断でどっかに野積みしもすか」

「トラック10杯で済むって言うならな」

佐門が、そんな事を、言った時、クロガネ4起がようやく帰って来た
現場に残されていたメンバーが、駆け寄り、佐門が同じ事を言うと坪内が一括した

「そんな事は、極力やっちゃぁいかん、ヤクザ以下じゃい!」

「だったら、地べた借りてこれたのか?」

「それがじゃぁ、どうもそのヤクザ共が、裏で手を回したらしい、所沢から車で一時間
を目処にトコトン話してみたが、無しのつぶて・・・お手上げじゃぁ!」

そんなこんなで、歌舞伎町の高倉にまで掛け合ったのだが、着流しヤクザの高倉が
全国地図を開けて指し示した、その場所は、福島の山奥まで行ったとんでもない所だった。
男気はあるし、マヌケだが人望のある組長だったが
こういう事にはトコトン弱い男であった。

その後も相当かけずり廻ったのだろう、坪内が昼に見た時より憔悴しきって、痩せて見えた。



Jun.1(Wed)11:31 | Trackback(0) | Comment(0) | 坪内昭三1947 | Admin

坪内昭三1947 其の10

翌日は、梅雨の雨だった
仕立て屋の技術を持つ橋本を、坪内は歌舞伎町の店に
置いておきたかったようだが。
今日は駄々を捏ねて黄金地帯の現場に残る事にさせた。

どうせ橋本がいなくても売上げに大差は無いのだ
眞田なんか、内心ほっとしてるだろう。


どばーっと汗をかいて、鬱憤を、はらしたかったのだが、雨は上がる気配が無い
金属の仕分けやら、銅線の皮むきやら、やる事は、あるのだがどうにも
今の気分には、合わない。そんな訳で、イライラしていた所に佐門が気を利かせてくれた。

「雨ば、降っとりますが、橋本どん。どばーっと穴、堀りに行きますか?」

内心大喜びしながら、雨合羽を被り、倉庫跡の壁と天井が辛うじて残っている現場に向った
やたらめったに、シャニムに掘りかえした、やっぱり体を動かすのは、いい。

そんな事を考えていた時、倉庫跡の一角に、板切れで塞いだ穴があるのに気づいた。
気になって開けてみると、そこには、防空壕に隠された、足周りの無い戦車があった。

「橋本さん気づきもしたか」

「驚いたな、なんでこんな物、あるんだ?」

「陸軍の忘れ物でありもす」

佐門は、そう言うと、この戦車の略歴について話だした

平田の分析によると、この「九二式重装甲車」は、外装は大戦前の旧式だったが内部機構に関しては
出鱈目で、つぎはぎだらけの、寄せ集め戦車だった。例えば発動機に関しては、どうやら当時
ガソリンの節約の為、民間のバス会社の木炭バスへの切り替えの際、たまたま出てきた余剰品を流用している
辛うじてギアを改造して載せたまでは良かったが足周りを装着する前に
爆撃で、それどころでは無くなって放置されていた物のようだ、周辺のスクラップの中に
この戦車が発見されてから調べてみたら同型のエンジンの残骸が幾つか見つかった。
どうやら、何台か同じような事をしようとしていたようだ。

終戦の数ヶ月前、本土決戦を前に、とにかく頭数を揃えるべく、こんな時代遅れの
大東亜戦争以前の旧装備まで、軍部は、ひっぱり出そうとしていた訳である。

「頭の良い人間のする事じゃねーな、こりゃ」

「しかし、橋本どん、まだバスのガソリンエンジンを使おうとしてただけ良かったとは、思いもはんか?」

「?」

「こいつは、ヘタすりゃ木炭で走る戦車に、なってたかもしれんと言う事でありもすよ」

と佐門は真顔で言う。
そう言われて、橋本は思わず、本土決戦で横浜に上陸したシャーマンに
木炭の煙を、たなびかせ、のどかに、進んでいくこの戦車から佐門が顔を出している所を想像した

「そりゃいいや、アメ公が、そんな哀れな戦車に、大砲ぶち込めるか見てみてぇよ。
乗りたかねぇが、もしかしたらマトモな、戦車作るより効果的かもな」

そう言いながら橋本は失笑した。

「それにしたって、なんだって、放っとくんだ。バラシテ売っちまう方が坪内商会らしいと思うがな」

「それが、坪内どんは、大陸で、この戦車に乗車していた経験が、ありもしてな・・・」

「ナニィ、それで感傷的に、なってるってのか?あの守銭奴が??」

ともかく、悪運の強い戦車だ。マヌケな生い立ちだが、そこの所は気に入った。
コイツは、大戦前に作られて爆撃から逃れて終戦後まで生き残り、守銭奴に拾われて、まだ生きながらえてる。

「あ ん た だ け が 特 別 じ ゃ 無 い の よ」

橋本は、思わず昨日のソルミの言葉を思い出した。



May.30(Mon)01:30 | Trackback(0) | Comment(0) | 坪内昭三1947 | Admin

坪内昭三1947 其の9

産まれたのは、女の子だった

坪内の家の壁に「好美」と書かれた半紙が張られている
坪内が産まれたばかりの子供をあやして
クルクル、様々なアホみたいな顔を披露していた
お菊がそれを微笑しながら布団に横になって見ている


10日前の晩、塀を、ぶち壊された老夫婦は、とんでもない事態にも関らず
的確に動き、年の功をいかんなく発揮した

さっきまで、底抜けスーパーアクションを繰り広げていた男達がオロオロする中
ソルミに湯を沸かさせ、お菊が舌を噛まないように布を噛ませて、明け方まで格闘してくれたのである

こうなっちまったら男なんか情けないもんだ。
部屋の外でみんなハラハラして、それぞれの宗派の神仏に祈るぐらいしか出来なかった

その翌日、雨がやみ、ウェイン少佐が、やってきてエンジンの焼きついたジープを引き取りに来た
このカウボーイも早速産まれた赤ん坊を抱き上げ、メタラヤッタ、キスして大喜びしたが

「ミスター坪内・・・シカシ、この車両は、ドウシヨウも無いね」

結局、動かなくなった車両を300ドルで、買わされる事になった、坪内商会までのレッカー代を含めると
305ドル、トンでもない屑鉄を買わされた、まぁしょうがあるまい
そんな訳で、外装をボコボコにへこませたジープは、坪内の庭の置物になっていた

商売の足を失い、女房も休ませなければ、ならない。歌舞伎町の乾物屋を休業するかと思えば
商売人は、こんな事では、へこたれない。高倉に例のクロガネ4起を供出させ、橋本を急遽、店番にした

ジープに比べるとクロガネ4起は悲しいくらい非力な車だった
しょっちゅうエンコする、これでも世界初の四輪駆動ではあるが自動車王国アメリカとの
技術力の違いは歴然だった、元自動車修理工の平田は、この車に付きっ切りという事になってしまう

おかみさんから、無愛想な男に店番が変わり正直、売り上げが眼に見えてへっていた
橋本の縫い物の腕は悪く無いのだが、いかんせん営業には向いていない
それとなく、看板を出したりしてみたのだが、来るのは、ふて腐れたソルミぐらいな物で
とてもじゃないが、売上げを補うにはクロガネ4起なみに非力だった

五日目、見るに見かねた坪内が、高倉組から何人か借りて力仕事の方を補い
愛想の良い眞田と二人組にして、ようやくマトモな売上げが帰ってきた


その日、橋本は朝から変に機嫌が悪かった

「兄さん、この粉ミルク三つおくれ」

「あぁ、一缶10円だ、三つで30円」

「高いネェ、まとめて三つ、買うんだよちょっと負けとくれよ。三つで20円でどう?」

「あんたそりゃ無茶だ、こっちも商売でやってるんだ常識で考えろ、馬鹿野朗

「あんた何よ客に向かって馬鹿野朗って、どういうつもり????」

他の客を相手にしていた眞田が見かねて間に入った

「お客さん、どうもすいません、10円引きは無理ですけど
4つ買ってくれたら一缶8円にしますよ、どうです?」

「ほらぁ、こういう風に商売ってのはするもんよ、あんた何考えてんの?馬鹿は、あんたよ」

「なにいいいい!」

「橋本さん、やめて下さい・・ねっ奥に縫い物たまってますから」

橋本に毒づきながら、女は粉ミルクを買っていった

「結局、買ってくんじゃねーか、アホクサ」

ふて腐れながら奥に入り縫い物を始めた橋本だったが
いらいらしながら作業しているとスカートの丈ツメの裁断を間違って2寸の所を4寸切ってしまった

万事休す

「しっしまった・・・・」

眞田が客の相手をしている所まで、橋本が物を投げる音が聞こえて来た

「参ったなぁ」

「あいつ、どうしたの?」

ソルミがやって来て、店の奥から聞こえる異様な物音の理由を尋ねた

「あぁソルミ・・・あきえさん、助かった。
すいませんけど橋本さんを、しばらくどっかに連れてってやってくれませんか」

「えぇー・・・まぁいいけど・・・どうなってんのよあいつ??」

「この所、慣れない客相手の仕事やってたせいで、
鬱憤がたまってるんです、もう限界です・・・・・・・・・助けて下さい

青い顔の眞田が脂汗を滲ませながら苦笑いすると、店の奥から、また何かが割れる音が聞こえて来た



May.28(Sat)02:18 | Trackback(0) | Comment(0) | 坪内昭三1947 | Admin


(7/13page)
Top 3 4 5 6 >7< 8 9 10 11 12 End