丹下幸平@窃盗犯108号
 
みなーみBlog
 



坪内昭三1947 其の23

不意を突かれたが、少佐との距離の差は40メートル
性能的には、やはり少佐のジープの方が一枚上手であったが
雨降りの重馬場である、辛うじて橋本は少佐のジープの後部が見える位置に張り付いていた。

「坪内!この先にカナリ急なカーブがあったな、それも結構、道幅が広いやつ!」

坪内が慌てて帳面を確認する

「ある!そこだけ4メータ近く幅があって角度は160度右カーブ!あのカーブ
から出て300メータ先だ」

「4メータ右!了解!入り口の50メータ手前に来たら知らせろ!いいな!」

「了解!」

緩めのカーブを抜け一気にアクセルペダルを踏み込み狭い林道を、ぞっとするような速度で
加速する、少佐が少しスピードを緩めた、残念ながら、伍長は坪内程、用意周到では無かったようだ
息を呑み全身の毛を逆立て坪内はタイミングを必死ではかりその瞬間、必死に叫んだ。

体で感じる速度とカンで巧みにブレーキを操り片目で感じられる距離感ギリギリの所
へクリッピングポイントを決めると林道ギリギリのラインを通って橋本は少佐のジープを追い抜いた。

橋本で無ければ、まず間違いなく脱輪転覆している所だ。

少佐も追ってくる、橋本も必死に逃げる、まさに命がけだ、だがパワーに勝る少佐のジープ
は直線で何度も抜き返して来た、その表情は、すでに戦後、日本の守銭奴と関って
ふやけていた彼の物ではなく、間違いなく、かつてのそれだった。

転覆寸前の攻防が6回続き、短い距離で急カーブが続いて橋本が、かなりの差をつけた。
坪内のナビが実に効果的にレースの展開に影響したのだ。
少佐の正面に橋本のジープは見えなくなった、正面には。

少佐は曲がりくねる林道の下の方に橋本のジープを確認するとジープの速度を下げ
林道脇に停車、車を降りるとその先の風景をじっと見据えた。

二段ほど曲がりくねった、先に橋本のジープが見える。
ここは、たまたま地形的にそれがよく見えるのだ、低い雑草は生い茂っているが樹木は無かった。

四段先まで見える

「少佐やめましょう、あんな約束は無効です、命がけの価値は無いですよ!」

冷や汗拭いながら伍長は、助手席から悲鳴を上げるように言ったが、少佐は無関心に一瞥すると
何も言わずに終戦後も彼の希望でジープのフロントに取り付けてあった
ワイヤーカッターの感触を確認した。


「ワイヤーカッター」戦時中ドイツ軍などが、ジープで走る米兵を狙って仕掛けた「ワイヤートラップ」に
対処するために装着された装備である、ジープを運転する米兵の首の辺りの高さに掛かるようにワイヤーを
はって置くという実に簡単な罠だったが、大戦初期これに首を切られる米兵が続出した為、鉄の棒の先を
「く」の字に曲げた物を取り付ける事で米軍はこれに対処していた。



Nov.17(Thu)00:27 | Trackback(0) | Comment(0) | 坪内昭三1947 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)